ミルメーク、50周年!

今年、ミルメークが50周年を迎えました。1967年に大島食品工業が開発したもので、もともとは学校給食の脱脂粉乳から牛乳に変わった際に飲みやすくするために作られたものなんだそうです。私が小学生のときは学校給食にチューブの液体のものが出されていました。これを牛乳に入れるとコーヒー牛乳になり、なんだか得した気分になったものです。ビンの牛乳だった頃は粉末のものを使っていたそうです。その後、いちご味やバナナ味も出て、今ではきなこ味、キャラメル味、紅茶味などさまざまなテイストを楽しむことができます。最近は、通信販売でも購入することができます。
と、ここまでミルメークについて語ってきたのですが、「ミルメークってなに?」という人もいると思います。それもそのはず、北海道と東北では学校給食で出ていたのですが、関東から九州にかけては出ていなかったというところもあるのです。なんだかもったいない感じがします。
牛乳嫌いのお子さんがいる方には、ぜひお勧めです!
夜逃げした人を探すなら探偵がおすすめ

ミルメーク、50周年!